雨ニモマケズ

日々のいろいろを書いていきます

〇〇ペイ

PayPay から始まった〇〇ペイの競争はすごいものがある。

ポイ活やマイルでもそうだけど明らかに落ちているお金を拾っているだけだろう。

消費にはプラスでコンビニ各社とコンビニで消費する商品を販売会社はバブル的になっている気がする。

検証してみようかな。

 

子供に伝えたいお金の話

 

 

資本主義社会とは

人や会社が得意な事や価値のあることを商品として作り、交換し合い、発展していく社会

自分しかいなければ、いい家に住めないし、車も作れない、料理も原始的なものしか食べられない。テレビも音楽も本も楽しめない。

 

得意なもの、能力があるもの価値があるものやサービスを商品として販売する。

それが楽しめればなおいい。

 

 

方法は一つではない

 

 

以下箇条書き


レアポケモンになる

お金のなる木を持つ

独自の商品を持つ

プログラムでアプリを開発

何かのプロ選手

エンタメを提供する

人とは違う価値を出すためにはある分野に一点集中する必要がある

 

10代はお金持ちになるためと、女にモテるための2つを意識するだけでいい

 

以下別のテーマのメモ


資本主義社会での勝ち方

1資本家になる 自分の時間が自由になる

2生産的な趣味を持つことは幸福につながる

本田静六博士が言っていた、本を書く、論文を書くにつながる

 

サラリーマンとは自分の時間をお金に変えること

子供に伝えたいこと メモ

人の悩みは大きく2つ

お金の悩みか、人間関係の悩み

 

お金の悩みを解消するためには

自分で生活してみて、最低限死んでしまわない生活費がいくらか把握する。

そのお金をなんらかの方法で確保する。

最低限の生活費を担保出来ている状態で、

出来れば自分が望む仕事のためのスキルを身につけて、好きな仕事で社会貢献してほしい

 

人間関係の悩みは正直よくわからない

アドラー心理学がいいとは思うけど、どう伝えたらいいのかまとまっていない

ただ、小学生の頃はサッカーが上手いだけで一目おかれたし、若干モテたような気がする。

気にしすぎだけど、いじめ予防にサッカーは効果的かもしれない。

また、モテポイントをひとつプラスしてあげられるのもいい事だろう。

人間関係、友達作りという意味でもサッカーがんばってほしい。

まあでも親のエゴかな

 

子供のサッカー

伝えたい事が多すぎる。

こうした方がいいよとアドバイスだけしたいのに、子供は批判されたように感じるらしく、不機嫌になる。

結果、言いたい事を少ししか言えない。

 

サッカーを嫌いになってほしくないから、言わないという選択をしてしまう。

 

難しいなぁ